生活に必要な情報を通販やアドバルーン広告で手に入れる

手提げ袋や広告はネットや通販で楽に頼もう

昔からあるもの

古くは戦国時代でも使われていました

バナースタンドはターポリンやクロス生地に広告を印刷して販促アピールするものです。通常の看板やパネルとは異なり、折りたたむことができるので持ち運びにもとても便利です。 古くは戦国時代でもバナースタンドと言えるものが使われていました。歴史博物館などに行くと当時ののぼり旗が展示されていますが、これはまさにバナースタンドということができます。戦の時に敵と味方を区別するため、軽量で目立つ目印として大活躍しました。 バナースタンドはのぼりやのれんに端を発し、集客効果を生み出すための広告ツールとして古くから利用されてきました。以前は印刷技術も未熟でしたので布に「セール中」と書かれたようなのぼりが多く使用され、これも味があって良いものですが最近は生地の種類やサイズのバリエーションが豊富になりました。フルカラーでの印刷も安価になり手軽でスタイリッシュな広告ツールとして役立っています。

ただのバナーじゃない、これからの商品展開

バナースタンドというと長方形の幕に印刷して骨組みを利用してつるすような形がほとんどですが、その布という性質に着目したさまざまな活用方法が増えています。変形バナーもその一例です。自由な形に裁断、縫製することができます。くるっと丸めて円柱形にすることやアーチ型にするのもおもしろいですね。これからのバナーは平面としてだけではなく、立体としての商品展開が期待されるところです。 価格も相当こなれてきました。一番お手軽なIバナーであれば二千円からとても軽量でコンパクトに折りたためるものが購入できます。これで幅約60センチ、高さ2メートルのバナーを取り付けることができますので複数並べればインパクトのある展示になりますね。他にもXバナーやロールスクリーンタイプなどもありますので使用用途に合わせたバナースタンドを選択するようにしましょう。